necomimi買ってきた(2)

先日購入してきた脳波で動くnecomimiですが,

通常の遊び方でひと通り遊んでみたんですが,なんだかうまいこと使えずじまい・・・・




というわけで,とりあえず分解してみました.やむなし.

10154006_830598373621027_4577072759731908661_n.jpg


肝心の脳波を拾うボードはNeuroSky社のThinkGearAMモジュールを利用している模様.
http://www.switch-science.com/catalog/978/

このnecomimiですが,スイッチサイエンスで5000円のボードに電極とサーボ付きで3980円だったとかんがえると,非常にいいお買い物だったかも.

ボードのピンアサインはTGAM1_pin.pdfの通り.

TGAM1は制御用のボードとハンダ付けで接続してありますが,無理やりRx,Tx,GNDをハンダ付けして配線取り出しして組み直しました.
(よく考えたら,データ取りたいだけならRxは要らなかったかも)

10259735_830755953605269_6752533262536503947_n.jpg

ボードと外部との通信はUART(57600 baud、8ビット、パリティ無し、 1 ストップビット)とのことなので,秋月のTTL-232R-5Vを使ってPCと接続し,ThinkGearNETで波形を見てみた.

※オシロでTxから出てくる波形を見てみると動作電圧は3.3Vなんだけど,今回は5Vのケーブルでも使えたみたいな気がする.

10298875_830807496933448_9215633704382054685_n.jpg

rawデータとα,β,γのデータを取り出してみた.

ThinkGearNETはC#で記述したが,データの入っているクラスを覗いてみると,
下記の通りセンサからの信号にα,β,γ波(あとθ波ってのもある模様)が2種類づつあった.

using System;

namespace ThinkGearNET
{
    public class ThinkGearState
    {
        public float Alpha1;
        public float Alpha2;
        public float Attention;
        public float Battery;
        public float Beta1;
        public float Beta2;
        public float BlinkStrength;
        public float Delta;
        public bool Error;
        public float Gamma1;
        public float Gamma2;
        public float Meditation;
        public int PacketsRead;
        public float PoorSignal;
        public float Raw;
        public float Theta;
        public int Version;

        public ThinkGearState();

        public override string ToString();
    }
}


とりあえず描画はしてみたもののこいつらは一体何なんだろうか.

rawデータに比べてα,β,γ波のデータの更新間隔がだいぶ遅いことを考えると,内部でFFTでもかけてから出してるんだろうかなどと想像していたが,この先はきっと色々読み込まなきゃ使えなさそうだ.

しかし,真値がわからないというのもなんとも難しい.
装着の仕方によってかわらんのかとか,皮膚の電導率が云々とかいろいろ考えると気になるけど,
4000円ほどのお買い物でここまで遊べそうなおもちゃはお買い得でした.


きょうはひとまずここまで.



ちなみに,似たような事やってらっしゃる方々がいたようです.

西尾泰和のはてなダイアリー
http://d.hatena.ne.jp/nishiohirokazu/20130819/1376891440

necomimiの分解と改造と綾波脳波
http://www.kako.com/neta/2013-019/2013-019.html

工作と小物のがらくた部屋
http://junkroom2cyberrobotics.blogspot.jp/2013/06/necomimi.html
タグ:

コメント(0)

コメントを投稿する