TeXを任意のディレクトリにインストールする(CentOS版)

大学院生もやってまして,普段仕事しながら研究して論文書いてます.

論文執筆の際にはTeXを使っておりまして,Macで行っていたのですが,最近El CapitanにアップデートしたらTeX使えなくなるなどのトラブルに遭いまして,はじめてTimeMachineのお世話になりました.


便利ですね,TimeMachine.
今回のトラブルからTimeMachine専用HDDを用意するに至りました.

さて,こんな感じで色々悩まされるTeXなんですが,「もう面倒なのでクラウドにすればいいじゃない!」なんて思ったのが発端なんですが,もうそういうサービスがありそうです.→https://cloudlatex.io/ja#

とはいえなんだか外の環境で自分の論文アップロードしながら作業するのも少々気兼ねする部分がありますので(別にすごいことやってるからというわけでもなく,共著者の目とか),VM上にtexliveをインストールして持ち歩くことにしましたのでその記録.


訳あって任意のディレクトリにインストールしたかったので,helpを見てみると下記の記述
ENVIRONMENT VARIABLES
       For ease in scripting and debugging, "install-tl" will look for the
       following environment variables.  They are not of interest in normal
       user installations.

       "TEXLIVE_INSTALL_ENV_NOCHECK"
           Omit the check for environment variables containing the string
           "tex".  People developing TeX‐related software are likely to have
           many such variables.

       "TEXLIVE_INSTALL_NO_CONTEXT_CACHE"
           Omit creating the ConTeXt cache.  This is useful for redistribu‐
           tors.

       "TEXLIVE_INSTALL_PREFIX"
       "TEXLIVE_INSTALL_TEXDIR"
       "TEXLIVE_INSTALL_TEXMFCONFIG"
       "TEXLIVE_INSTALL_TEXMFHOME"
       "TEXLIVE_INSTALL_TEXMFLOCAL"
       "TEXLIVE_INSTALL_TEXMFSYSCONFIG"
       "TEXLIVE_INSTALL_TEXMFSYSVAR"
       "TEXLIVE_INSTALL_TEXMFVAR"
           Specify the respective directories.  "TEXLIVE_INSTALL_PREFIX"
           defaults to "/usr/local/texlive", while "TEXLIVE_INSTALL_TEXDIR"
           defaults to the release directory within that prefix, e.g.,
           "/usr/local/texlive/2014".  All the defaults can be seen by running
           the installer interactively and then typing "D" for the directory
           menu.

       "NOPERLDOC"
           Don't try to run the "--help" message through "perldoc".

「TEXLIVE_INSTALL_PREFIX=」でディレクトリ指定するだけのようですね
wget http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz
tar -xzf install-tl-unx.tar.gz
cd install-tl-XXXXXXXX
mkdir $HOME/texlive
TEXLIVE_INSTALL_PREFIX=$HOME/texlive ./install-tl --repository http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/texlive/tlnet/
こんな感じ.30分ほど待つと終わります.
しかし,TeXってサイズがでかいですね.

コメント(0)

コメントを投稿する