TensorFlowを使ってみた(1)

TensorFlowはGoogleが提供する機械学習ライブラリで,Linux版とMacOSX版がある模様.
今回はubuntuで使ってみようと思う.

--------------------------
■実施した環境
  ・Ubuntu 15.10 64bit版
--------------------------

仮想マシン上に構築して味見してみるまでが当面の目標.

本記事では特に上記環境でのセットアップ方法をまとめる.

ちなみに,Linux版だとCUDAを用いてGPUを使った学習を併用できるようだが,今回は仮想マシン上なのでパス.

(1)pythonのインストール

python2.7系がインストール済みか確認する.
公式サイトにはpython2.7に対応している旨の記載があるが,3系への対応状況はよくわからない.
$ python
Python 2.7.6 (default, Jun 22 2015, 18:00:18) 
[GCC 4.8.2] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> 

上記のようにバージョンが出て来ればインストール済み.
Ctrl-Dでコンソール画面に戻れます

もしコマンドが見つからない旨のメッセージが出てきたらインストールする.
$sudo apt-get install python

(2)virtualenのインストールと設定

$ sudo apt-get install python-pip python-dev python-virtualenv
$ virtualenv --system-site-packages ~/tensorflow
$ cd ~/tensorflow/
$ source bin/activate

(3)TensorFlowのインストールと設定

(tensorflow)$  # Your prompt should change

# Ubuntu/Linux 64-bit, CPU only:
(tensorflow)$ pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/linux/cpu/tensorflow-0.5.0-cp27-none-linux_x86_64.whl

# Ubuntu/Linux 64-bit, GPU enabled:
(tensorflow)$ pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/linux/gpu/tensorflow-0.5.0-cp27-none-linux_x86_64.whl

# Mac OS X, CPU only:
(tensorflow)$ pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/mac/tensorflow-0.5.0-py2-none-any.whl


今回は「# Ubuntu/Linux 64-bit, CPU only」の場合のコマンドを実行して暫し待つ.

# Ubuntu/Linux 64-bit, CPU only:
(tensorflow)$ pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/linux/cpu/tensorflow-0.5.0-cp27-none-linux_x86_64.whl


以上でインストールは完了.
次回はとりあえず使ってみます.

TensorFlowを使ってみた(1)

コメント(0)

コメントを投稿する