Jetson TK1を使ってみる ~アップデート編(1)~

Jetson TK1 DevKitでchainer使ってみたいと思い立ってやってみました.

事前にやっておくこと

  • ・ubuntu x64版のマシン(母艦)を用意しておく(今回はubuntu_14.04_x64の仮想マシンで作業した)
  • アップデート


    下記のURLからJetson TK1 Development Pack (JetPack TK1)をダウンロードする.(今回はv1.2をダウンロードした)

    https://developer.nvidia.com/jetson-tk1-development-pack

    ダウンロードしたフォルダに移動して,ダウンロードしたファイルのアクセス権限を変更する(実行可能にする)

    $ chmod +x jetpack-${VERSION}.run
    

    次に,ファイルブラウザからダウンロードしたファイルを開く.
    セットアップが起動する

    tk1_setup_000.jpg
    色々出てくるが「Next>」を押し進めて行く.
    ダウンロードが始まるので2,30分待つ


    インストールの準備が整ったところ.
    tk1_setup_001.jpg

    「Next>」を押下してインストールを進めていくと,途中コンソールが開いてパスワードを要求さたり,使用許諾への同意,インストールパスの選択など聞かれるのでそれぞれ入力する

    tk1_setup_002.jpg
    途中,何かがない旨のエラーが出た.


    Failed to install one or more packages on host. Please manually run command, "sudo apt-get install g++-arm-linux-gnueabihf gcc-arm-linux-gnueabihf cuda-toolkit-6-5 cuda-cross-armhf-6-5 libgomp1-armhf-cross", in a terminal to check the reason. After they are correctly installed, click Next button to continue.
    一旦セットアップをキャンセルして,apt-get走らせるも依存関係でコケた


    強行して,下記の画面が出たらJetsonをリカバリモードにして仮想マシンに接続した.

    tk1_setup_003.jpg
    参考:Jetson TK1をUSBリカバリモードで起動する
    http://nc30mtd.oops.jp/blog/2016/03/jetson-tk1usb.html


    tk1_setup_004.jpg

    つづく

    コメント(0)

    コメントを投稿する