SNMPサーバーのセットアップ

最近NASやらサーバやら増えてきたので,SNMPを使ってログだけ集めておこうと思い始めた.

止まってても困るようなサーバーはそう多くないが,特にHDDは心配なのでSMARTの情報なんかはあげれないだろうかと思い,サーバ(監視側)をセットアップしてみた


環境

・CentOS7 x_64 minimal(仮想マシン)

手順

(1) 仮想マシンへのCentOSのインストール
(2) net-toolsのインストール
 CentOS7のminimalにはifconfigが入ってないため
(3) net-snmpのインストール

$ yum -y install net-snmp
$ yum -y install net-snmp-utils

# 設定
#ドキュメント:http://www.suzu841.com/snmp.html
$ vi /etc/snmp/snmpd.conf

#
# ---------------------------------------
# com2sec (ネットワーク範囲とコミュニティ名)
# group (セキュリティについて設定)
# view (snmpにて参照可能な情報範囲の指定)
# access (アクセスコントロールの設定)
# ---------------------------------------
# あたりの設定を行う
#
# com2sec セキュリティ名 ソースアドレス コミュニティ名
# デフォルト設定を例にすると、セキュリティ名「notConfigUser」は全てのアドレスから、「public」というコミュニティ名で接続を許可するという設定になる.
# とりあえずデフォルト設定にしておくため,下記の行がコメントアウトされて記述されていることを確認する

com2sec notConfigUser default public


# 起動
$ systemctl start snmpd
$ systemctl enable snmpd
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/snmpd.service to /usr/lib/systemd/system/snmpd.service.

# 動作確認
$ snmpwalk -v 2c -c public localhost

タグ:
,

コメント(0)

コメントを投稿する