GTX TITAN Xを買ったので,chainerを使ってみるまでの話

## 諸々のセットアップ

環境やらドライバ,CUDAのセットアップはこの辺りにまとめてあります

TITAN Xを買ったので,CUDAをセットアップしてみる その1

TITAN Xを買ったので,CUDAをセットアップしてみる その1

GTX TITAN Xを買ったので,cuDNNをインストールする

sudo apt-get install python-pip

sudo apt-get install python-dev

sudo pip install chainer

python-devが入っていないと,こんな感じの警告が出るはず

fatal error: Python.h: そのようなファイルやディレクトリはありません

chainerのソース入手

sudo apt-get install git

https://github.com/pfnet/chainer.git

git clone https://github.com/pfnet/chainer.git

chainerの実行

python chainer/examples/mnist/train_mnist.py -g 0

実行時に下記のエラーが出た場合はcuDNN入れてない,パスが通っていなくて探せてない.などが考えられる.

cuda.py:87: UserWarning: cuDNN is not enabled.

cuDNN v5.1 Runtime Library for Linux (Deb)のインストール

dpkg -i libcudnn55.1.3-1+cuda7.5amd64-deb

補足

 chainerのインストール前にcuDNNをインストールしていなかったなどで下記のエラーがでた場合,chainerを再インストールして対処する.

cuda.py:87: UserWarning: cuDNN is not enabled.

sudo pip uninstall chainer

sudo pip install chainer

python

import cupy

import cupy.cudnn

エラーが出なければ使えるはず

タグ:
,

コメント(0)

コメントを投稿する