BeagleBoard+Handheld mojo

GW-US54GXSを使う


とりあえず現在起動中のbeagleboardに挿してみた.

usb 2-1.3: device v2019 p5303 is not supported


ドライバ入れてカーネル再構築したはずなんだけどな・・・
ドライバがないのかな?
前にもやったはずなのに記事に書き留めておかなかったことがが悔やまれる.

2009-07-21 20:30:00


とりあえずカーネルを取ってきてデフォルトで構築してみる。
使用するコンパイラは

The tool chain version used is Code Sourcery ARM Sourcery G++ 2007q3.
http://www.codesourcery.com/gnu_toolchains/arm/releases/2007q3


のARM GNU/Linux、IA32 GNU/Linux。arm-none-linux-gnueabi-***

git clone git://git.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/tmlind/linux-omap-2.6.git linux-omap-2.6
cd linux-omap-2.6
make distclean
make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-none-linux-gnueabi- omap3_beagle_defconfig
make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-none-linux-gnueabi- menuconfig
make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-none-linux-gnueabi- uImage



Image Name: Linux-2.6.31-rc1-omap1-05830-g7c
Created: Tue Jul 21 20:44:04 2009
Image Type: ARM Linux Kernel Image (uncompressed)
Data Size: 1799232 Bytes = 1757.06 kB = 1.72 MB
Load Address: 0x80008000
Entry Point: 0x80008000
Image arch/arm/boot/uImage is ready



カーネル読み込んだら画面切り替わらずに止まる。



687 :login:Penguin:2009/04/10(金) 19:50:11 ID:u0tHCK4d
>>686
サンクス、動かせた。

BeagleBoardで起動できるカーネルをメモ代わりに整理しとくと、まず
http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/tmlind/linux-omap-2.6.git;a=summary
があって、これも起動はさせられる。で、これをベースにした
http://rcn-ee.homeip.net:81/dl/omap/
がある。ここのはomapfbやらいろいろと手が入ってる。

それと、これ
http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/khilman/linux-omap-pm.git;a=summary
はPower Management関係に手を入れてる奴で、これをベースに
ti dspbridgeが作られてる(前にポストしたとこで)

で、
http://www.beagleboard.org/gitweb/?p=linux-2.6.git;a=summary
がある。これもどこかのをベースにしてるのかな? 良くわからん。

どれも使えるけど、いろいろあれこれ面倒だ。


http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/linux/1027062673/687

とのことだったのでこれらを片っ端からコンパイルしてみることにした。





コメント(0)

コメントを投稿する